不用品回収の費用の相場観を掴んでおく

失敗しない!不要品回収方法3選

不要品を回収すると言ってもその方法はさまざまです。ここでは失敗しない主な回収方法3つについて用途別に解説します。なるべく費用をかけたくない場合は、自治体による回収が最もお勧めです。ただし自治体によって規定が異なり、回収対象かどうか・回収方法・予定日・指定場所などの注意が必要です。買い換えのタイミングで処分する場合は、下取り回収サービスがあります。ただし大手販売店などサービスを行っているショップが限られているので利用を希望する際は前もって確認しましょう。なるべく手間暇かけたくない場合は、不用品回収業者に依頼するという方法が最適です。事前にネットなどでサービス情報や口コミを調べ、信頼できる業者かどうかをしっかり見極めることが大切です。

不用品回収の料金相場

上記の回収方法それぞれの料金相場をまとめました。実際は回収物、取り扱い先によっても異なるので参考程度にご確認ください。自治体で回収する場合は処理手数料0円~3,000円くらいです。回収物が通常ゴミとして出せるなら特に金額はかからず、粗大ゴミとして処分する場合、自治体にもよりますが大きいもので3,000円ほどで回収できます。ただし規定を越える大きさ、重量など回収不可のものもあります。

買い換えでショップの下取りサービスを利用する場合は運搬収集費0円~3,000円くらいかかります。回収品の下取りによってお得に買い換えが可能なので、もし利用出来る場合はお勧めのサービスです。不用品回収業者に依頼する場合は3,000円~10,000円くらいです。他の処分方法と比べると若干値段が上がりますが、多くの回収業者の場合、一回の回収で積載可能ならいくら積んでも料金は一律なので、他の不要品と合わせて回収してもらえば便利でお得に利用できます。