不用品回収で処分できないものはある?

回収を断られる場合もある

業者が提供する不用品回収サービスには、家電製品や家具など、様々な不用品を一度に引き取ってもらえるというメリットがあります。ゴミ屋敷の片付けなども頼めるため、多数の不用品を一気に処分したいという場合に便利です。何でも回収してくれるというイメージがありますが、中には回収不可となるものもあります。不用品回収で処分できないものとして、生ゴミや食品、土や生木などがあげられるでしょう。これらの品は通常、不用品回収の対象とはなりません。また汚物や液体類、危険物などについても、回収不可となるのが一般的です。不用品回収業者を利用する際には、事前にどのような品を処分したいのか伝え、回収可能かどうか確認をすると安心でしょう。

特殊なゴミを処分したいときは

不用品回収に頼んだが引き取ってもらえなかった、そんな品物はどう処分すれば良いでしょうか。生ゴミや食品については、自治体が行っている通常のゴミ収集に出すことが可能です。可燃物の収集日を確認し、集積所に持っていきましょう。土や生木についても、基本的には自治体の回収に出す形となります。具体的な処分方法は地域によって異なっていますので、自治体のホームページなどで確認しましょう。引火の危険がある塗料や薬品、中身が残っているスプレー缶などは危険物という扱いになります。こうした物は不用品回収の対象外となっていますので、自治体の分別ルールに則り処分を行いましょう。捨てたい物の種類に合わせて、適切に処分を行うことが大切です。